カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

atelier clueto


現在、工房では若手の職人が中心となってcluetoの

バッグ、革小物の製作をしております。

自分たちの手で責任を持って作り、自分たちの手で

渡す。私たちの基本的な考えの下、日々、製作に取り

組んでおり、ここから、神戸のお店、ネットショッ

プ、全国のお取り扱いしていただいてるお店様、そし

てcluetoの製品はお客様の手に渡ります。



裁断

帆布や革、cluetoでは天然の素材を扱うことが多く、

裁断では一つ一つ染めムラやキズなど確認しながらパ

ーツを取り出していきます。単純な作業ですが、経験

が問われるためにベテランの職人がこの作業を担当し

ます。
 



下処理、仕上げ

裁断されたパーツに穴をあけたり、ボンドを貼った

り、これも単純作業ですが正確に作業を進めないと出

来上がりに大きく影響します。たくさんの数を早く正

確に行っていくのは、かなり集中力のいる作業で、体

で覚えるまでに時間がかかります。



ミシン縫製

裁断が終わり、下処理のあとは、メインのミシン。

ミシンといっても、cluetoの工房だけでも4種類、7台

のミシンが並び、裏地、持ち手、表地、パイピング、

仕上げ、革小物と、縫う素材や形状によって使い分け

されます。全てのミシンを自由に使えてcluetoの職人

として認められます。

 



道具

入ってきたばかりの職人は糸切一本からスタートしま

すが、少しずつ自分の道具を増やしていきます。

お手入れや使い方など先輩の職人から教わりながら使

っていくうちに自分だけの道具となり、気が付けば職

人らしい姿になっていきます。